急に秋らしい日がやってきましたね。暑さから解放されてほっとしますが、少々涼しすぎるように感じられます。

 9月1日(土)に久しぶりのホープ&ライフの例会が横浜都筑地区センターで行われました。12名プラス1名立ち寄りゲストの参加者がありました。主な話題はやはり夏の間にどのように過ごされたかが中心でした。子どもたちの成長が見られて嬉しい反面、周囲の方々がまだまだ不登校について理解がないためか残念な思いを体験した方もおられました。

 今年の9月1日前後は、例年よりも不登校についての報道が多く見られました。NHK Eテレの「ウワサの保護者会」にも不登校の若者が出演するなど画期的だったと思います。でも、不登校の子どもたちやご家族はまだまだ励ましや支援が必要だと思われます。

 10月は10月14日(日)に『不登校の子どもが安心して学び、育つために』というタイトルで奥地圭子さんの講演会、不登校経験者による若者シンポジウム、奥地さんを囲んでの懇談会というイベントを開催しますので、例会はこちらに合流となります。奥地圭子さんはフリースクール東京のシューレの設立者であり、長年不登校の子どもたちとご家族に寄り添ってこられました。ご自身のお子さんが不登校になったことから親の会を起ち上げ、その後フリースクールを設立するというご経験をお持ちです。今回、とてもお忙しい中を横浜まで来てくださることになりました。ぜひ期待してご参加いただきたいと思います。お知らせ&イベントからどうぞお申込ください。

 11月は10日(土)、22日(木)に例会を予定していますが、詳細は決まりましたら、イベント&お知らせ欄に掲載しますので、お待ちください!