2018年10月14日(日)に行われた講演会&若者シンポジウム『不登校の子どもが安心して学び、育つために』は無事に終了しました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。参加者は主催者含めて44名と講演者、シンポジスト3名でした。

今回講演してくださったのは、フリースクール東京シューレ理事長の奥地圭子さんです。奥地さんはご自身のお子さんの不登校経験から、親の会を作り、それがフリースクール設立につながっていったご経験をお持ちです。そのいきさつ、日本の不登校の歴史、不登校に対する社会の見方の変遷、不登校の子どもたちをどう理解し、支えていくかということを網羅的にわかりやすく、語ってくださいました。

第2部では、不登校を経験した若者3名が登場してくださり、それぞれの不登校体験を語ってくださいました。印象的だったのは、全員がそれぞれ不登校をしている間に「自分は〇〇をしたい」という方向性を見い出し、それに向かって歩んでいったということです。

11月の例会では、10月の講演会のこともふまえて、いろいろと分かち合いたいと思っています。11月の予定をお知らせ&イベント情報よりご確認くださり、気軽にご参加ください!