4月6日(土)にホープ&ライフの例会が行われました。参加者は12名でした。

春は卒業、進学、進級の時期で、学校へ行っていない子どもたちにとっても普段と違う対応を迫られる時期でもあります。特に、卒業式を迎えた子どもたちは、式にどのように参加するか、それぞれの方法で対応してきたことなどが分かち合われました。

また、この春から新しいことを始めようとしている子どもたちのこと、春休みに子どもたちの成長を感じさせる冒険があったことなど、まだまだ心配なこと、さまざまな支援してくださる場所のことなどが話し合われました。

わが子が不登校になると親も不安と心配が先になってしまいますが、今の子どものあり方を認めて、応援していくことが大切なようです。