7月6日(土)にホープ&ライフの例会が持たれました。

高校生保護者7名、中学生保護者4名、小学生保護者2名、その他4名、合計15名が集まりました。

家では元気に過ごしている子どもたち、兄弟姉妹との関係、新しいことに挑戦している子どもたちの様子、親として心配であること、不安なこと、いろいろ出ました。

不登校の子どもたちに対する理解は、教育機会確保法やメディアでの取り上げ方の変わり方によって少しずつ変わってきていますが、毎日共に生きている家族にとって、心配や不安は尽きません。

子どもたちも家族もひとりひとり違う道を歩みますが、同じような体験をしている者同士の中で、安心して、本音を話し、励まし合う役割が親の会にはあることを再確認しました。

ホープ&ライフは、不登校の子どもを持つ親の会です。そのようなお子さんのご家族ならどなたでもご参加いただけます。また、ご関心のある方も歓迎しています。どうぞお問合せください。

なお、8月は例会はお休みします。多くの不登校の子どもたちがリラックスする時期です。ぜひ、ご家族で楽しい思い出ができる夏となりますようお祈りします。