横浜市都筑区を中心とした、不登校の子どもを持つ親の会です。
親の会のつぶやき

つぶやき

不登校からホームスクールへ

娘が不登校になったのは、小2の終わりの2月後半のことでした。朝、お腹が痛いというので、学校を休むと、お昼ごろには元気になることを数日間繰り返しました。母親である私は、これは不登校だとすぐにわかりました。 娘は1年生の時か …

5年間の気持ちの変化

前回に続き、高3男子のRママです。 コロナと共存することに慣れてきた今日この頃に怖さを感じてます。この暑さは、いつまでといった感じかしていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 今回は、不登校になってからの息子の気持 …

学校への復帰は、親のこだわり?

中高一貫校に進学するも1ヶ月半で不登校になり5年が経ち、今はどこにも所属ぜず高卒認定を目指そうとしている高3の男子の母です。 ここまでの道のりは長いようで短かったように感じていますが、答えの見えない取り組みに今も手探りで …

自立とは社会の中に依存先を増やすこと

中3男子の母Marleneです。今日は、先日NHKのEテレで知った、脳性まひの障害を持ちながら小児科医として勤務後、今は東大先端研の准教授、熊谷 晋一郎さんのお言葉を紹介したいと思います。 生後の高熱で脳性まひの後遺症が …

ホープ&ライフ参加の感想と最近思う不登校児の罪悪感について

昨年の11月から参加している中3男子の母Marleneです。中1の終わりから不登校気味となり、中2の夏休み明けからほぼ完全な不登校になっています。私自身もストレスを感じるようになり、ネット検索からH&Lに辿り着き …

私にとって親の会とは

 この親の会に参加するようになって、はや2年になります。ここを知るきっかけになったのは、 この会主催の講演会(講師:丸山康彦さん) でした。 子供が学校に行かなくなった当初はどうすればいいのか全く分からず、関連の本をたく …

欲望を枯れさせないために、おこづかいも大事

「中高年ひきこもり」の著者 齋藤環さんが、” おこづかい は不可欠だ”とラジオ出演で話しておられました。 ひきもこりの人は、罪悪感の塊で外に出たくない、欲しいものが無い、家の中ですることが無い、欲 …

カテゴリー

  • facebook


ホープ&ライフからの例会案内を希望される方は、ライン公式アカウントをぜひお友だち追加ください。こちらにトークしていただくと、管理者だけに届きます。お問い合わせ、聞きたいこと、つぶやきたいことなどありましたら、ぜひご利用ください。

PAGETOP