例会(3月27日)の報告

3月27日(土)に、都筑地区センターで例会を開催しました。特にオンラインに参加できない方々のためにと企画しましたが、初めての方を含めて13名の参加者がありました。ですので、当日は急遽、会場を広い部屋に移動しての開催となりました。

それぞれの状況を分かち合う中で、ある方が心配していることと全く同じことを別の方が経験していたことがあり、その時の対処法を話してくださいました。その他の方々にとっても、今の自分が直面していないことですが、このような話からヒントが得られて、子どもとのコミュニケーションに役立つことがあるように思いました。

また、子どもたちが何年も経って、以前学校に行っていた時につらかったことを話すようになったことなどが話題として出ました。これは、先日テレビで放映された「セルフドキュメンタリー“不登校がやってきた”」でも同じような場面がありましたが、自分が過去に傷ついた場面を思い出し、その時の自分の感情を認め、それが自分自身の受容することになり、心がいやされていくのではないかと思いました。そうなるまでには、ある程度の時間が必要なのかもしれません。

次回4月の例会は、4月24日(土)の予定ですが、地区センターでの開催になるか、オンラインになるか、今度も状況を見ての判断になります。例会予定のお知らせを受け取りたい方は、ホープ&ライフのLINE公式アカウントをお友だち追加ください。予定が決まり次第、案内を差し上げます。

(世話人:中村)

前の記事

例会の報告とお知らせ